東京スキンクリニック

皮膚科・皮膚外科

当院では,ニキビ・発疹から悪性の疑われる腫瘍や斑まで,どのような皮膚のトラブルでもご相談に応じます。痤瘡管理は当院の専門で,広範囲の治療選択肢があります。湿疹,その他の慢性皮膚疾患は,典型的に環境変化に起因するストレスにより引き起こされたり,重症化したりします。適応の問題に熟知している当院では,新しく引っ越して来た人がストレスの多い時期を切り抜けるのを助けることができます。皮膚がんの心配は,特に世界の日差しの強い地域(オセアニア州や米国西海岸)出身の色の白い人の間で広がっています。当院の外科技術をもって行う生検では,美容的にも優れた結果が得られます。皮膚付属器(毛髪,爪など)の異常についても治療を提供しています。
当院で多く遭遇する皮膚疾患には以下のものがあります。
- 痤瘡
- 酒皶
- 湿疹・皮膚炎
- 皮膚・爪のカビによる感染症
- 蜂窩織炎,膿痂疹などのバクテリアによる感染症
- 乾癬
- 良性皮膚腫瘍・基底細胞がん
- 日光角化症
- 白斑を含む色素異常
- 脱毛症(抜け毛)
- 多汗症(汗かき)
- 乾皮症(ドライスキン)
悪性黒色腫及び浸潤性皮膚がんの治療は行っていません。特殊な検査・治療方法を要する稀な皮膚疾患は専門医療センターや大学病院が適しています。

ホームへもどる