東京スキンクリニック

医師について

 語学堪能な二人の医師は,EUと日本の両方ですべての医療行為を行える医師資格を有しています。オランダのアムステルダム大学医学部卒業,アムステルダム大学付属病院インターン,日本医科大学附属病院形成外科及び十仁病院を経て,美容外科認定専門医となりました。1992年3月美容皮膚科・皮膚外科の専門クリニックとして日本で最初の東京スキンクリニックを開設しました。
  1996年に在日外国人の集中する六本木に移転しました。それ以降美容以外の皮膚科治療も診療の重要な一環となりました。オランダでプライマリケア医として養成された両医師はオランダの公立病院と連携して2003年,新プロジェクト「在蘭日本人健康診断」を開始しました。
 岡部医師はレーザー手術・ケミカルピールのパイオニアとして知られています。両医師はボトックスによるシワとりや脚の硬化療法を日本で最初にヨーロッパから導入しました。常に海外と日本の最新のノウハウを融合した最善の医療を目指しています。


 岡部夕里医師    ルネ・デュ・クロー医師